ヒーローは必要か?

ヒーローは必要か?

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で151記事目です(^^)/

題名は『ヒーローは必要か?』

あいかわらず分かりづらい題名ですが経営に関する私の考え方を発信します(^^♪

ヒーローの存在

私は小さいころからかなりの目立ちたがり屋さんでした(>_<)

どうせなら主役になりたい(^^)/

みんなに褒められたい(^^♪

そう

ヒーローになりたかったんです(笑)

でも

そもそもヒーローって何なんでしょうか?

ヒーローとは

  1. 敬慕の的となる人物。英雄。「国民的ヒーロー」
  2. 劇・小説などの、男の主人公。⇔ヒロイン。
  3. スポーツの試合などで、特に活躍した人。「プロ野球のヒーローインタビュー」

※デジタル大辞泉参照

おぉ~👀

やっぱり格好良い(^^)/

仮面ライダーなどの架空のヒーロー(^^♪

プロ野球選手などの現実的なヒーロー(^^♪

ヒーローの存在は子どもたちに

夢や希望を与えますよね(^^)/

 

強い組織にするために…

スポーツチームでも会社でもヒーローが一人いるだけでとても心強いものです(^^)/

例えば

野球チームなら

絶対的エース

ホームランバッター

サッカーチームなら

絶対的守護神

エースストライカー

営業会社なら

トップセールスマン

超やり手の営業所長

等々

そんなヒーローが一人いることでチームや会社がうまくいっていることも多いです(^^)/

でも

絶対的なヒーローがいる組織は強いのか?

答えは

NOです(^^)/

※あくまで一意見です

その理由は

組織にいる他の人たちが

  • ヒーローに甘える
  • ヒーローに嫉妬する

からなんです(>_<)

ヒーローに甘える

例えば

ある会社で売り上げの半分を一人で取ってくる

スーパーヒーローがいたとします(^^)/

『あの人がいればうちの会社は安泰だぁ~(^^♪』

みんなそうやって甘えてしまいますよね(>_<)

甘えているうちにだんだん他の人たちは成長することを辞めてしまいます(+o+)

そんな時にもしも

そのヒーローが

  • 病気になってしまったら…
  • 転職してしまったら…

あっという間にその会社は潰れてしまうでしょう(+o+)

ヒーローに嫉妬する

例えば

ある野球チームで投げては完封、打ってはホームラン

そんなスーパーヒーローがいたとします(^^)/

『あいつさえいれば試合に勝てる(^^♪

でも、あいつばっかり目立って面白くないなぁ~”(-“”-)”』

人は弱い生き物です( ノД`)

当然ヒーローに嫉妬したりするんです(>_<)

嫉妬が激しくなるとどうなるでしょうか?

次から次へとチームから離れていくんです(+o+)

いくらスーパーヒーローでも一人じゃ野球は出来ません( ;∀;)

試合さえ出来ずにそのチームは解散することになるでしょう(+o+)

 

ヒーローは必要か?

強力な組織を作るためにヒーローは必要なのか?

答えは

YESです(^^♪

ただし

日替わりのヒーローが…

なんです(´▽`*)

 

大切なのは誰もが次のヒーローになれること

  • 今日のヒーローはA君
  • 明日のヒーローはBさん
  • 明後日のヒーローはC所長

日替わりでヒーローが生まれるような組織が強いんです(^^♪

一人のヒーローに頼りすぎてる

一人のヒーロー妬む人がいる

そんな組織の未来は暗い”(-“”-)”

ずっと走り続けられるヒーローは現実にはいません(+o+)

ヒーローだって疲れるんです(>_<)

たまにヒーローになるくらいが一番良いんじゃないかな(^^♪

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^)/

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

『さぁ!明日のヒーローは誰かな(^^)/』