取締役のイス!

取締役のイス!

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で164記事目です(^^)/

題名は『取締役のイス!』

経営に関する記事ですよ(^^♪

取締役とは…

私は10名の会社の代表取締役です(^^♪

弊社の場合もう一人取締役がいます(^^)/

専務取締役です!(^^)!

取締役って言葉はよく聞きますがそもそも

取締役ってなんなんでしょうか?

取締役とは

すべての株式会社に必ず置かなければならない機関である。

取締役会非設置会社においては、対内的に会社の業務執行を行い

対外的に会社を代表するものであり、取締役会設置会社においては

会社の業務執行の決定機関である取締役会の構成員である。

2006年5月施行の会社法により取締役会の設置が原則として任意になり

機関設計により取締役の権限が異なるようになったことから

一義的な定義は困難になっている。 ※ウィキペディア参照

う~ん(>_<)

難しいですね!

でもなんとなく偉そうな感じがしますね(+o+)

 

登記が必要

恥ずかしながら私は以前

頑張ったShine(=社員)を取締役にしようと決めたら

 

『明日から取締役よろしくね!』

みたいな軽い感じですぐに取締役に出来ると思ってました(>_<)

でも違うんです(>_<)

取締役にするときは法務局に行って登記しないといけないんです(^^)/

ちなみに2週間以内に登記しないと、100万円以下の過料(罰金のようなもの)

が課せられる可能性があるんですよ( ゚Д゚)

登記をしないで名刺にだけ

取締役って書くと

肩書を詐称して行う行為になってしまって

詐欺その他の刑法上の罪に該当したり

損害賠償責任を負ったりすることもあるんです(>_<)

 

取締役のお給料

取締役になると給与体系が変わります(^^)/

役員報酬を〇円/月と決めるんです(^^♪

決めてしまったら期中(1年間)に変更しないこと大原則になります(^^)/

どれだけ儲かったとしても

増やしたり出来ないんです(>_<)

※もし増やすと税金がヤバい事になります

だから会社の取締役になると営業手当をもらっていたときよりも

お給料が減ってしまうこともあるんです(>_<)

 

取締役のイス争奪戦!

来年は取締役を3名にしたいと思ってます(^^♪

※私含む

取締役は奇数の方が白黒はっきりして良いと思うからです(^^)/

※多数決が出来ますからね(笑)

次の取締役は誰になるのか?

Shineみんなで競争してもらいます(>_<)

お給料が減るかもしれません( ノД`)

でも経営に大きく関われることは魅力的ですよね(^^)/

私は会社を子どもに譲るつもりはありません(^^♪

Shineの中から将来の後継者として

一緒に会社を良くしていける取締役を選ぶことが大事ですね(^^)/

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

次の取締役は君だ(^^)/

このエントリーをはてなブックマークに追加