情報商材(>_<)

情報商材(>_<)

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で224記事目です(^^)/

題名は『情報商材(>_<)』

 

SNS

をやっていると

情報商材で溢れかえってます( ;∀;)

私はあまり興味がないですが

中には大好きって人もいるかもしれませんね(^^♪

 

情報商材は買うべきか?

そんな記事ですよ(^^)/

 

情報商材って

そもそも情報商材って

どんなものなんでしょうか?

私もよく分かってないので調べてみました(^^)/

 

情報商材(じょうほうしょうざい)とは

主にインターネット

などを介して売買される情報のこと。

「情報」の内容自体が商品となるものである。

情報商材を販売することを情報販売と呼び

情報商材の販売を職業として始めることを情報起業と呼ぶ。

※ウィキペディア参照

 

おぉ~👀

なんとなくイメージ通りでした(^^♪

『情報』の内容自体が商品となる…

 

なんだか

お金の匂い

がプンプンしますねΣ(゚Д゚)

 

情報は大事(^^)/

私は不動産会社を経営しています(^^♪

『情報を制する者は不動産業界を制す(^^)/』

↑↑

今作りました(笑)

 

でも

そのくらい不動産業界では

情報が大事

なんです!(^^)!

  • あそこの土地が売りに出そうだ!
  • ○年後にイオ〇モールが出店するらしい!
  • あの山に国道バイパスを通すらしい!
  • あの辺りにスマートインターチェンジが…!

などなど

 

早く

確実な情報を得ることが出来るように

常に

アンテナを張っているんです(^^)/

 

有益な情報は

会社の利益

に直結します(^^♪

 

やっぱり

情報は大事

なんですよね(^^)/

 

情報の対価として…

不動産業界では

情報によって適正な利益を得たとき

その情報

に適正な対価を支払うことになります(^^♪

 

具体的には情報提供者に

紹介料

を支払うんです(^^)/

『情報をくれてありがとう(^^♪こちらがお礼になります(^_-)-☆』

大体そんな感じです(^^♪

 

不動産業界における情報って

『有益かどうか?』

がとても分かりやすいので

問題になることはあまりないんです(^^)/

 

情報商材は有益か?

不動産業界の情報と比べて

情報商材って

『有益かどうか?』

が分かりづらいとは思いませんか?

※あくまで一意見です

 

ネットで溢れる情報商材の

謳い文句と言えば

『クリックするだけで月収○○万円達成!』

とか

『普通の専業主婦がたった〇カ月で月収〇〇円を達成!』

とか

『借金〇〇円から復活!簡単に始められる〇〇!』

とかそんなものばかりですよね(>_<)

 

さらに煽りが入ります( ;∀;)

『あと〇〇部売れたら値上げします( 一一)』

『この価格で買えるのは〇〇日まで( 一一)』

うぅ~ん!怪しい(>_<)

 

簡単にいうと

具体性に乏しいんです(+o+)

しかも販売する相手は

情報弱者ばかり…( ノД`)シクシク…

 

もちろん中には

有益な情報商材もあるでしょう(^^♪

 

でも…

その判断はとても難しいですよね(^^)/

 

法律の整備が出来ているか否か?

不動産業界の場合は

民法や商法、消費者契約法、宅建業法

などなど

法律の整備が十分に出来ています(^^♪

もちろん報酬の上限なども定められています(^^)/

 

でも

情報商材はどうでしょうか?

ネットが普及し始めてまだ歴史は浅いです(>_<)

法律の整備が十分出来ているかどうか?

うぅ~ん!

正直まだまだですね(+o+)

 

さらにいうと

情報弱者の人は

『この内容でこの価格なら安い(^^♪』

『値上がりする前に買わないと絶対に損する(^^)/』

そんなレビューの声に騙されて

 

適正価格

が分からないまま購入(>_<)

そんなことが多いですよね( ノД`)シクシク…

※もしかしたらそのレビューはサクラかもしれないですよ( 一一)

情報が有益かどうかの見定め方

情報が有益かどうかの簡単な見定め方を教えます(^^)/

それは

有限かどうか?

たったそれだけです(^^)/

 

不動産だけでなく形のある一般的な商品は

有限ですよね(^^♪

 

簡単にいうと

数に限り

があるんです(^^)/

  • 残り〇個
  • 残り〇台
  • 残り〇区画

などなど

 

形のあるものは有限です(^^)/

だから情報に価値があるんです(^^♪

 

でも

情報商材は

無限ですよね(>_<)

情報商材は

形がないですよね(>_<)

情報商材は

何人でも誰にでも渡すことが出来ますよね(>_<)

 

冷静に考えてみてくださいm(__)m

日本の人口は減り続けてますよ( ;∀;)

情報なんていうのは知ってる人の割合が

少なければ少ないほど

価値があるんです( 一一)

 

それにもかかわらず情報商材を販売する人たちは

1000部売れました(^^)/

2000部達成(^^)/

ってただただ煽ります(;゚Д゚)

 

売れれば売れるほど

情報の希少性

が失われていくんですけどね( ;∀;)

 

だって

みんな知ってる情報になっていくんですから…

 

でも

値上げするんですよ(笑)

 

もしも私が

誰もが知らない

絶対に成功する情報

を持っていたら

よほど信頼できる人にしか渡しません(^^♪

 

というわけで

私は基本的に情報商材は買いません(^^)/

 

基本的

と書いたのは

よほど信頼している人が

特別に5人にだけに伝える!

そんな情報商材なら

買うかもしれませんね(^^)/

 

少なくともネット上で

似たような情報商材

が溢れていたり

調子に乗って

どんどん値上げ

をしていくような情報商材には

手を出すことはありません(^^)/

 

時代遅れと言われたとしても

私の場合は自己責任で良いです(^^♪

 

ちなみに世の中には

2,000円

も出せば心から感動出来て

成功へのチャンスに恵まれるような

素敵な書籍

が沢山あります(^^♪

 

自分が納得できる

適正価格

で情報商材を購入するのなら良いかもしれません…(^^)/

 

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

情報が有益かどうかを見定める(^^)/

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

↑応援して頂ける方はクリック(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加