改善で溢れると…

改善で溢れると…

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で145記事目です(^^)/

題名は『改善で溢れると…』

あいかわらず分かりづらい題名ですが経営に関する記事ですよ(^^)/

改善

みなさんは改善ということばを聞いたことありますよね(^^♪

そもそも改善てどんな意味なんでしょうか?

改善とは

悪いところを改めてよくすること。「生活を改善する」

⇔改悪。[補説]トヨタの生産方式を象徴する言葉として世界で知られる。

※デジタル大辞泉参照

おぉ~👀

世界のトヨタがやってることなんだから

きっと大切なことなんでしょうね(^^♪

 

悪いところ

どんなに素晴らしい人にだって悪いところがあります(^^)/

どんなに素晴らしい会社にだって悪いところがあります(^^)/

悪いところが全くなくなれば

もっと素晴らしい人になる!

もっと素晴らしい会社になる!

そのために

改善に取り組む!

とても良いことだと思います(^^♪

 

わたしの会社でも常日頃から改善に取り組んでいます(^^)/

  • この資料はここに置いた方が良いんじゃないか?
  • この経費は必要ないんじゃないか?
  • パソコンは最新のものに変えた方が良いんじゃないか?
  • 新しい規定があった方が良いんじゃないか?

とにかく改善すべきことが次から次へと出てきます(^^♪

でも冷静に考えると

それだけ悪いところが多いってことですよね(>_<)

 

理想と現実

改善を繰り返すことで

絶対に素晴らしい人になるのか?

絶対に素晴らしい会社になるのか?

理想はそうなんでしょうね(^^♪

でも現実には

そうならないことも多いとは思いませんか?

※あくまで一意見です

改善を繰り返すうちに

面白味のない人になっていく

つまらない会社になっていく

そんなこともある気がします(>_<)

不器用な人ほど愛される!

人間味あふれる会社ほど愛される!

改善によって本来の良さが消えてしまう( ノД`)

そんなこともありますよね(^^♪

 

誰のための改善か?

悪いところって誰が決めるんでしょうか?

経営者かな?

お客様かな?

本人かな?

コンサルかな?

ある人にとっては悪いところでも

違う人にとっては良いところ

そんなことって沢山ありますよね(^^♪

そこに気がつけるかどうかで改善の意味が大きく変わっていくんです(^^)/

 

改善で溢れると…

経営者の集まりなどに参加すると

『我が社は○○を大幅に改善して…』

『これから○○を改善するために…』

なんて言葉が飛び交ってます(^^♪

もちろん改善は悪いことじゃないです(^_-)-☆

でも

改善で溢れると…

改善という言葉に取りつかれると…

大切な何かを失うことになるかもしれませんね(>_<)

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

『改善』という言葉にとらわれてませんか?