【中国・武漢市、封鎖措置解除 2カ月半ぶり】このニュースをどう捉えるか?

【中国・武漢市、封鎖措置解除 2カ月半ぶり】このニュースをどう捉えるか?

ブログ連続更新

264日目です(^^)/

 

2020年4月7日

こんなニュースが飛び込んできました(^^)/

中国、武漢市の封鎖解除へ、2カ月半ぶり

おぉ~👀

 

武漢市といえば

新型コロナウィルスが最初に発生した

都市だと言われています(>_<)

※真偽は定かではありませんが…

 

このニュースをどう捉えるのか?

人によって違いますよね(>_<)

 

武漢市の状況

武漢市は2020年1月23日以降

市外に向かう鉄道や航空便を徹底して

ストップさせていました!

 

さらに

市内の公共交通機関の止めて

住民の外出も大幅に規制(>_<)

 

それでも感染者の急増は防げず

一時は医療崩壊の状態となっていました( ノД`)シクシク…

 

当局の発表によると

感染者は50,000人以上

死者は2,500人以上

本当に恐ろしい状況でしたよね(;゚Д゚)

 

同じことが出来るのか?

そんな凄惨な状況だった武漢市が

封鎖措置を解除!

えっ👀!こんなに早く(>_<)』

そう思った人も少なくないと思います(^^)/

 

ネットでは様々な意見が飛び交っています(-_-;)

『本当に収束したのか怪しい( 一一)』

『もう一度感染爆発するんじゃないの(;゚Д゚)』

などなど

 

どちらかというと封鎖措置解除に対して

否定的な意見

が多い気がします(-_-;)

 

本当に収束したかどうかは別にして

考えて欲しいことがあります(^^)/

 

それは武漢市と

同じことが出来るのか?

ということです(>_<)

 

武漢市では

病院が足らない

たった10日で病院建設

 

医療従事者が足らない

中国全土から40,000人を超える医療部隊が応援に駆けつける

 

こんなことが他の国や地域で出来るのでしょうか?

おそらく出来ないですよね(>_<)

 

政権の強さ

武漢市でこれだけの対応が出来たのは

中国政権が強かったからかもしれません!

 

非常時において

思い切った対応をするためには

政権の強さ

が必要になってくると思います(^^)/

 

政権が強ければ

何かを決定するときのスピードが

かなり早くなるからです(^^♪

 

私権を制限

することは

良くないことは当たり前ですが

 

私権を優先

させすぎることは

危険かもしれませんね(>_<)

 

武漢市のニュースをどう捉えるか?

もしかしたら隠蔽されているのかもしれません(>_<)

武漢市のニュースを否定的に捉える人も多いかもしれません(>_<)

 

でも

私は肯定的に捉えています(^^♪

 

なぜならこのニュースには

新型コロナウィルスを収束させるための

ヒントがあるかもしれないから…

 

日本で緊急事態宣言が出ましたが

『商売上がったり…』

『行動がバレたくない…』

『怖いからコロナ疎開…』

『自分は大丈夫…』

『お金もらえない…』

『学校が…』

『首相が…』

『県知事が…』

『市長が…』

『高齢者が…』

『若者が…』

みたいな感じで

人のせいにしたり

自分の権利だけ主張したり

して悲しいですよね( ノД`)シクシク…

 

苦しいのはみんな一緒です(^^)/

自分だけ良ければ良い

誰かが助けてくれる

そんな考えではこの危機は乗り切れません(>_<)

 

自由と自分勝手は違う

武漢市封鎖措置解除

と同じような明るいニュースが

世界中から出てきますように…

 

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

新しい記事を楽しみにしていてくださいね(^^)/

自由と自分勝手は違う(>_<)

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

↑応援して頂ける方はクリック(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加