9月入学のメリットとデメリットを考えてみました(^^)/

9月入学のメリットとデメリットを考えてみました(^^)/

ブログ連続更新

285日目です(^^)/

 

新型コロナウィルスの影響が深刻な毎日ですが

面白いニュースを見つけました(^^♪

※2020年4月28日のニュースです

“9月入学”「社会全体で共有できるか課題」文科相

こういう発想は

大好きです(^^)/

問題もあるでしょうが議論の余地はあると思いませんか?

 

そもそもなんで日本は4月入学?

日本では今でこそ4月入学が当たり前ですが

実は昔は違ったそうです(^^♪

 

江戸時代の

寺子屋や私塾、藩校

では特に入学の時期は決まってなくて

入学時期はばらばらだったようです(^^)/

 

4月入学になったのは

明治19年(1886年)

国の会計年度が4月~3月になったことを受けて

当時の文部省が指示をして最初に

高等師範学校

 

が4月入学となったのが始まりです(^^)/

その後全国の

師範学校や小学校

でも4月入学が広がりました(^^♪

 

確かに学校運営に必要な予算を考えると

4月に合わせるのが便利だったんでしょうね(^^)/

 

世界的には4月入学は珍しい(>_<)

日本では4月入学が当たり前ですが

世界各国の入学はいつか知っていますか?

  • シンガポール…1月
  • オーストラリア…1月末~2月初め
  • ニュージーランド…1月末~2月初め
  • ブラジル…2月
  • 韓国…2月
  • タイ…5月
  • フィリピン…6月
  • インド…6月
  • アメリカ…9月
  • カナダ…9月
  • イギリス…9月
  • フランス…9月
  • ベルギー…9月
  • トルコ…9月
  • モンゴル…9月
  • ロシア…9月
  • 中国…9月

※地方や大学等によって時期が違う事もあります

おぉ~👀

国によって全然違う(>_<)

 

でも

9月入学

が圧倒的に多いみたいですね(^^)/

 

9月入学のメリットとデメリット

制度が急に変わったら誰でも戸惑います(>_<)

それは当たり前ですよね(^^)/

 

でも

世の中は変化しています(^^♪

変化に対応していかなければ

生き残っていけません(>_<)

 

頭ごなしに否定するのではなく

メリットとデメリット

を考えてみる事が大切ですよね(^^)/

私も個人的に考えてみました(^^♪

※赤い文字は新型コロナウィルスの影響を考慮

 

9月入学のメリット

グローバル化に対応出来る

失われた時間を取り戻すことが出来るかも…

 

9月入学のデメリット

日本の文化が薄れてしまう

学校関係者の負担が増える

制度変更の際に公務員の負担が増える

学費や下宿代などの負担が増えるかも…

 

あれっ👀

なんとなくですがデメリットの方が多い気がします(-_-;)

 

でも

みんなで考えればもっと沢山

メリットデメリットが出てきそうですね(^^)/

 

新型コロナウィルスの影響がなければ

9月入学について深く考えることはなかったかもしれません(^^♪

 

賛否両論あるでしょうが

将来もしかしたら

『パパが小さい頃は桜の咲く季節に入学式をしてたんだよ(^^)/』

なんて子どもに話す時がくるかもしれませんね(^^♪

 

『こんな時期に議論するのは不謹慎だ( `ー´)ノ』

なんて意見もあるでしょうが

こんな時期だからこそ

いろんな意見が出る事は良いことなんじゃないでしょうか?

 

日本を支える子どもたちにとって一番良い方法を

話し合っていけるような社会になると良いですね(^^)/

 

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

新しい記事を楽しみにしていてくださいね(^^)/

9月入学に賛否両論(>_<)子どもファーストで考えたいですね(^^)/


建設・不動産業ランキング

↑応援して頂ける方はクリック(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加