右腕!

右腕!

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で64記事目です(^^)/

題名は『右腕!』

 

またもや分かりづらい題名ですが経営に対する

私の考えについて発信していきますね!

 

この言葉が嫌い!

経営者同士で集まると

『優秀な右腕が欲しいんだよねぇ~!』

なんて話が出てきます(>_<)

 

実はこの

『右腕』

という言葉が

大嫌い

なんです(>_<)

 

だって左利きの人もいますもんね(笑)

というのはウソですがShine(=社員)のことを自分の

体の一部に例えるなんて失礼だと思うからです(>_<)

 

どうせなら

『優秀な同志が欲しんだよねぇ~!』

の方が良いとは思いませんか?

 

そもそも右腕って…

経営者がいう右腕って『№2』のことなんですが本当の意味はどんな意味なんでしょうか?

右腕(みぎうで、うわん)

  1. 身体の部位についてはを参照。
  2. (みぎうで)比喩として、頼りにする部下。懐刀を参照。
  3. (うわん)野球で右投げの投手。投手#右腕・左腕を参照。

※ウィキペディア参照

 

この記事における右腕は2なので

『懐刀』

を見てみると

懐刀とは、重要な計画や相談などに参画し

知識や技術に長け上司主君に対し忠実であり

なおかつ上司・主君から絶大な信頼を得ている部下・家臣のことである

主にビジネススポーツ政治戦争などにおいて使われる。

※同じくウィキペディア参照

おぉ~👀

気になる文言が

上司主君に対し忠実』

これを知ってますます

『右腕』

という言葉が嫌いになりました(笑)

 

そもそも下に見てる…

『右腕』

ということは

『左腕』

にもなれないし

『右足』

にもなれないってことですよね!

 

しかも自分の『右腕』って言っている時点で

自分より下に見てる感半端ない…(>_<)

 

ウィキペディアにも書いてあるように自分に忠実な

部下・家臣

って考えなんです(+o+)

そんな考え方で優秀な

№2

は育つのでしょうか?

 

自分を超える人財

『右腕』

という考え方を全否定するわけではありません(^^♪

 

会社を一緒に大きくしてもらうために

信頼出来る存在は不可欠です!

 

ただ

あくまで同等だと思うんです(^^)/

 

もっというと自分を大きく超えていくような人財であって欲しいんですよね(>_<)

ウルグアイの元大統領のムヒカ氏が

『本当のリーダーとは自分を遥かに超える人材を残す人』

という言葉を残しています!

私はこの言葉が大好きなんです(^^♪

Shine(=社員)

を自分と

対等

人として見ること!

※もちろん指示系統や力量によって区別することは大切ですが…

 

ひょっとしていつまでたっても自分が

一番じゃなければならないなんて思ってませんか?

もちろん強力なリーダーシップも大切です!

最終的に責任を取るのは経営者です!

 

でもどこまでいっても所詮一人では何も出来ないですよ(>_<)

『人』

を大切にしましょうね!

 

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

右腕じゃなくて『同志』でしょ(^^♪

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

↑応援して頂ける方はクリック(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加