安全な不動産取引のために…

安全な不動産取引のために…

みなさん当ブログを読んで頂いてありがとうございます(^^♪

今回の記事で177記事目です(^^)/

題名は『安全な不動産取引のために…』

不動産の取引は高額かつ複雑なケースが多いんです(>_<)

安全に取引を行うためには…

そんな記事ですよ(^^)/

 

説明不足によるトラブルが多い

とても悲しいことですが不動産の取引ではトラブルが多いんです(>_<)

なんでそんなにトラブルが多いのか?

その原因は

 

不動産業者の説明不足がほとんどなんです( ノД`)

説明が不足していると

思い違いが起きやすいんです( ノД`)

『えっ👀!そういう意味だったんだぁ~(>_<)』

『あれっ( ゚Д゚)そんなこと聞いてないよぉ~(>_<)』

こんな言葉が出てきてしまったら

安全な取引とは言えませんよね( ノД`)

どうして不動産業者の説明不足は起きるのか?

2つだけ紹介させて頂きます(^^)/

  • 不動産業者の知識不足
  • 不動産業者の怠慢

 

不動産業者の知識不足

不動産業者ってものすごい数なんです(>_<)

国土交通省の発表によると

平成31年3月末(平成30年度末)現在での宅地建物取引業者数は

大臣免許が2,569業者

知事免許が121,882業者で

全体では124,451業者となっています(^^)/

これだけ多いと出てくるのが

業者による知識レベルの差です(>_<)

  • 長くやってる業者さんは安心?
  • 短い業者は心配?
  • 大手は安心?
  • 中小は心配?

そんなに単純ではないので厄介なんです(>_<)

知識不足や経験不足によって致命的な説明不足が起きる( ノД`)

充分に注意が必要です(^^)/

 

不動産業者の怠慢

不動産業者の知識や経験不足よりもより厄介なのが

不動産業者の怠慢

なんです(>_<)

不動産取引でとても大切になるのが

重要事項説明です(^^)/

不動産を

  • 購入する人
  • 借りる人

に少しでも分かりやすく安心していただくために

宅地建物取引士

が行うものです(^^)/

不動産取引において一番大切と言っても過言ではない重要事項説明

ここを適当にする業者さんもいるんです(>_<)

重要事項説明をするために

役場や現地にいって徹底的に取引物件の調査

をするのが基本です(^^)/

でも

『めんどくさいなぁ~( 一一)』

そんな理由で調査をおろそかにする…

宅地建物取引士じゃない人が説明する

書類だけ渡して

『読んでおいてください( 一一)』

そんな怠慢な業者もいるんです( ノД`)

 

安全な不動産取引のために…

高額かつ複雑な不動産取引は安全に行われないければなりません(>_<)

そのためには

不動産業者の

知識不足や怠慢を許してはいけません( `ー´)ノ

お客さんにとって

一生に一度かもしれない大切な取引

をさせていただいている

その気持ちを常に業者が持つことが

一番大切なんです(^^)/

今日も記事を読んで頂いてありがとうございます(^^♪

それではおよるりんです( ˘ω˘)スヤァ

説明不足でお客さんを不幸にしないで(^^)/

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

↑応援して頂ける方はクリック(^^♪

このエントリーをはてなブックマークに追加